どれくらい?結婚式にかかるお金のあれこれ

平均300万円以上かかる

結婚式をすることになったカップルが気になるのが、実際どれくらいお金がかかるかという事ではないでしょうか。
結婚式の費用は規模や式をおこなった日などによって大きく変動しますが、2017年度のデータでみると平均350万円ほどかかっています。
個別に費用を見ていくと、挙式がおよそ30万円で、披露宴で出す食事の費用がおよそ120万円、写真撮影やビデオなど映像関係がおよそ60万円、披露宴会場や挙式会場に飾る装花がおよそ17万円、衣装は新婦が平均2着でおよそ50万円、そして新郎が1着で15万円ほどといった内容になっています。
これはあくまでも結婚式、披露宴のお金で、新郎新婦にはそれ以外にも新婚旅行に行く人は新婚旅行のお金が必要ですし、新居に住むための準備費用もかなり必要です。

節約できるところは節約を

結婚式は豪華にすればするほど雪だるま式に費用がかさみます。ついつい気持ちが高揚してあれもこれもとなってしまいがちですが、節約を出来るところは節約しないと後々大変な事になります。
まず、式場に行く際は結婚式にかける費用をはっきり決め、それ以上は出さないという強い意志を持ちましょう。結婚式の演出はとても高額で一つ演出を追加するだけで数万円かかります。設定した予算内で式が挙げれるような演出をプランナーの人に考えてもらうようにしましょう。
また、日取りを閑散期にすることでもかなり費用を節約することが出来ます、特にガーデンウエディングを希望しているカップルの場合、真夏の8月や真冬の12月から2月にかけては式場が空いているので、数十万円ほど値引きしてくれることがあります。