どんなところで挙げる?チャペルの選び方とは

独立型などの要素で選ぶ

教会で挙式をしたい人にぴったりのチャペルウエディングですが、この挙式スタイルにあこがれを持っているプレ花嫁は大勢いるのではないでしょうか。神前式に独自の雰囲気や演出があるように、チャペルウエディングにも独自の演出やパイプオルガンなどを使った音楽を取り入れることが可能です。厳粛な雰囲気に包まれると、自分たちが夫婦となる自覚や新しい人生の門出に身が引き締まる思いがするのではないでしょうか。チャペルにも細かい違いがありますが、立地条件で見てみると2タイプのチャペルに分類できます。まず結婚式場やホテルの敷地内にチャペルが併設してあるタイプで、移動などの面で手間がかかかりません。もう1つは式場とは別の場所にある独立型です。

外観などの要素も需要です

新しい結婚式場として注目度を集めているゲストハウスウエディングや、写真だけの結婚式として様々な目的で利用されるようになったフォトウエディングなど、おしゃれなチャペルが用意されているところはたくさんあります。特に独立型のチャペルだと、外観だけではなく内部も細かい点までこだわっているところが多いです。国内外のリゾート地に建てられているところや、丘の上にある小さなチャペルなど、ロケーションがいいところにして、おしゃれな記念写真を撮るのもいいかもしれません。歴史的な重厚さを感じさせるチャペルもあれば、ガラスを使って開放的で明るい雰囲気を感じられるアトリウムチャペルなども人気です。海辺の式場と雰囲気的にもよく合っています。